【運営報告】地方大学院生ブログの1年間を振り返る

ブログ運営報告
ブログ運営報告
ブログ運営

こんにちは

悟です。(@rxf7oqjSU4v473O

2020年3月で、このブログを解説して1年と1ヶ月が経過しました。

これまで、ブログ系の記事はあまり書いてきませんでしたが、今回は1周年ということで、このブログの1年を振り返り、2年目の展望を書いていきたいと思います。

このブログは、私が大学生ということもあり、大学生や大学院生向けの記事が多くあります。

実際にアクセスを稼いでいる記事も大学生向けの記事です。

このブログを読んでいる人のほとんどはブログを書いていないと思いますが、本業以外で苦労している様をご覧下さい。

1年目の報告

記事数

記事数は、2020年3月末時点で、136です。

私ははてなブログもやってたのですが、そこから退会し、新しくWordPressに乗り換えました。

そのため、ゼロからのスタートだったのですが、全て削除するのは惜しいということで移転した記事がいくつかあります。

そのため、2019年2月の記事が多くなっています。

記事更新数と総記事数

ですが、想像以上にPVが伸びず、2019年夏頃は、ほとんど更新をしていませんでした。

後のPV数で書きますが、2019年9月頃にPVの伸びを感じたため、張り切って更新をし始めました。

その後の11月と12月は就職活動で更新が止っていましたが、落ち着いてきた年明けからは10記事前後(3日に1記事)ペースで更新ができています。

カテゴリー別では、このようになっています。

「大学・大学院」と「書評」で5割以上となっています。

とにかく書ける記事を書いていくスタイルだったので、かなり偏ってしまいました。

2年目はプログラミングや経済学など専門性がある記事を増やしていきたいと思います。

カテゴリーとその割合

カテゴリーとその割合

PV数

続いてPV数です。

ごらんのように、1年やってきてたにしては絶望的なPV数です。

先月、先々月にようやく3500PV、5,500PVと成長がみられますが、もっと伸びると思っていました…

ちなみに、

私のブログの1記事当たりの滞在時間が、2分34秒(154秒)

ページビュー数(PV数)が、19455回

なので、この1年間で832時間、私が演説をした計算になります!!!(今月に限れば240時間でした)

月間PV数の推移

月間PV数の推移

ただ、PV数を見るのは以前からやっていましたが、SearchConsoleをしっかりと見始めたのは年末からぐらいで、記事も本格的に入れ始めたのも年明けなので、これからもう少しは伸びていくと思っています。

SearchConsoleとは、Googleでの検索順位や、自分のサイトに至った検索ワードなどの分析が行える無料のツールです。

検索で1位を取っているワードもいくつかありますが、いかんせんその単語の検索量が小さいためPV数が大きく伸びるまでには至っていません。

ブログを始める前は、「ジャンル」と「キーワード選び」でPV数や収益が決まると聞いていましたが、身をもって体感しているところです。

収益

収益に関しては、1年間で6000円ほどでした。

クリック広告として定番のAdSenseの審査が通っていないため、毎月のデータを出すことができませんが、書籍などを中心として収益が上がっています。

先日初めて通信講座が売れたことによって2000円ほど収益があがりました。

結局はアクセス数がないと、どれだけ広告を入れても仕方ないので、当面はアクセス数を伸ばすことに注力したいと思っています。

流入経路

流入経路は、「Organic Search(検索流入)」「Direct(直接)」「Social(SNS流入)」「Referal(他サイト流入)」に分けられます。

シンプルに検索流入が92%と大半を占めています。

私はTwitterも利用していますが、フォロワーと記事を見て欲しい人のタイプが違いすぎて、記事の更新を通知するのを辞めてしまいました。

Twitterでもっと活動をすればアクセス数も伸びるとは思いますが、正直そんな元気もないので、来年もこのままです。

流入経路

流入経路

1年目を終えた感想

ブログの運営はとても難しいというのが一番の感想です。

記事を書くのは楽しいですが、やはりアクセスがないとやる気もでませんし、サーバー代やドメイン代くらいはペイできないとなかなか継続することは難しいでしょう。

最初の半年はほぼゼロの日々が続いていましたが、ここ数ヶ月で6000円の大半が発生したので、次の1年間はもう少し収益がでるかな?という想定をしています。

もう1つは、自分に力がなければ良いブログは書けないということです。

自分が何かの分野で詰んできた実績があり、実力がなければ、わざわざ見に来てくれる読者に価値を提供することはできません。

その点では、大学に入ってすぐブログを始めようとしている人は注意が必要でしょう。

そういった人たちが、書ける記事は正直他の人でも書ける記事ばかりです。

それは私も当てはまりますが、なるべく自分にしか書けない、まだネットに出ていない情報を提供するためには、「自分の力」を継続的に高めていくことが必要だと思います。

ただ、こんな弱小ブログを運営していても良いことはありました。

就職活動では、ブログを解説した経緯を聞かれたり、WordPressで運営していることから、IT周りの知識を評価されるなど様々な場面で自分を助けてくれました。

ブログは就活のアピールに使える!21卒が経験したブログで得したこと

2年目の目標

2年目の目標は、2万PVと、サーバー代やドメイン代といった、ブログのランニングコストをペイできる収益です。

稼げるものなら、もっと稼ぎたいですが、それを目標にしてしまうと先ほど言った「自分の力」を高める時間が減ってしまうので、それでは本末転倒です。

ただ、2万PVを達成するためには、ブログの運営も計画的に行わなければなりません。

2万PVを達成するために行う計画なのは以下です。

一度noteにまとめたのでそこから引っ張ってきます。

2万PVを達成するためにやること

PythonのコードやHow to:10記事

基本情報処理技術者検定の取得や勉強法など:5記事

TOEIC勉強法:10記事

書評や読書関係:50記事

大学系の記事は、就活のアレコレをまとめるくらいで、あまり増やす予定はありません。

そのため、ブログに書けるだけの勉強量と工夫をして「自分の力」を高めるために注力したいと思っています。

まとめ

私のブログの1年間をまとめてみました。

ブロガー番付では、ようやく脱ビギナーにさしかかったレベルで、まだまだ弱小です。

もしこれから、ブログを始めたいという人は、収益を大切にするのか、ブログの理念を大切にするのかで運営の仕方が変わってくると思います。

これについては詳しい人が沢山いるので、ここでは言及しません。

ただ、こんなちっぽけなブログですら、1ヶ月で240時間も閲覧されているのはとても嬉しいことです。