クラウドビギナーにオススメ 『Google Cloudのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書』

書評

この記事では、私が最近読んだ、技術評論社の「Google Cloudのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書」の紹介をします。

私は現在、GCPでWebアプリを運営しようとトライしているのですが、その過程でクラウドサービスって結局何ができるんだ?と思い、せっかくならしっかり勉強したいと思い本書を手に取りました。

本書がオススメの人、読者対象

本書がオススメな人は、以下の通りです。

  • google cloudを初めて触る人
  • 触り始めた人
  • クラウドサービスについて知りたい人
  • ビギナー向け

書籍の中身自体が、「具体的な操作方法」ではなく、クラウドサービスそのものの解説や、GCPとはどんなサービスかといった紹介が大半です。

そのため、Google Cloud を初めて触る人や、これからGoogle Cloud を使おうかな?と考えているクラウドビギナーの方にオススメです。

本書の中身

本書の目次

本書の目次は以下の通りです。

———————————————-

  • 第1章 Google Cloud の基礎知識
    • 01 Google Cloudとは ~Googleが提供するクラウドサービス
    • 02 Google Cloudのサービス ~100種類以上のサービスを提供
    • 03 Google Cloudを利用しやすくするしくみ ~誰でもかんたんにサービスを利用できる
    • 04 Google Cloudの導入事例 ~大手企業や金融機関での採用も多数
  • 第2章 クラウドのしくみとGoogle の取り組み
    • 05 クラウドとは ~クラウドはさまざまな価値を提供する
    • 06 パブリッククラウドとプライベートクラウド ~クラウドの利用形態
    • 07 IaaS、PaaS、SaaS ~クラウドのサービスが提供する範囲
    • 08 The Datacenter as a Computer ~Googleのインフラ設計における考え方
    • 09 グローバルなインフラ ~クラウドのサービスを支える技術
    • 10 クラウドにおけるセキュリティ対策 ~クラウドでもセキュリティ対策は必要
    • 11 ハイブリッドクラウドとマルチクラウド ~オンプレミスやほかクラウドを利用した構成
    • 12 オープンクラウド ~クラウドの技術をオープンにする取り組み
  • 第3章 Google Cloud を使うには
    • 13 Google Cloudを使う流れ ~Webブラウザさえあればすぐに使える
    • 14 Google Cloudコンソール ~リソースの操作がGUIで可能
    • 15 リソース階層 ~複数のリソースを管理するしくみ
    • 16 IAM ~リソースへのアクセスを管理する
    • 17 リージョンとゾーン ~世界中に展開されているデータセンター
    • 18 Cloud Billing ~料金を管理するしくみ
  • 第4章 サーバーサービス「Compute Engine」
    • 19 Compute Engine ~仮想マシンを作成できるサービス
    • 20 Compute Engineを使う流れ ~仮想マシンを使うまで
    • 21 Compute Engineの料金 ~使った分だけ払う従量課金制
    • 22 マシンタイプ ~用途別にまとめられた仮想的なハードウェア
    • 23 Compute Engineのストレージオプション ~利用できるストレージには種類がある
    • 24 Compute Engineへのアクセス方法 ~アクセスするには複数の方法がある
    • 25 インスタンスのバックアップ ~インスタンスの復元に利用できる
  • 第5章 ネットワークサービス「VPC」
    • 26 Google Cloudのネットワーク ~安全で高速なネットワーク
    • 27 VPC ~仮想ネットワークサービス
    • 28 デフォルトネットワーク ~自動で作成されるネットワーク
    • 29 サブネット ~Google Cloudにおけるサブネットの扱い
    • 30 VPCネットワークの2つのモード ~サブネットを作成する2つの方法
    • 31 ファイアウォール ~通信制御を行うしくみ
    • 32 VPCネットワークの拡張 ~VPCネットワークの相互接続や共有
    • 33 ルーティングとNAT ~セキュアなネットワークを構築する
    • 34 Cloud Load Balancing ~負荷分散サービス
    • 35 Cloud CDN ~表示速度を向上させるしくみ
    • 36 Cloud DNS ~DNSサービス
  • 第6章 ストレージサービス「Cloud Storage」
    • 37 Cloud Storage ~安全で信頼性が高いストレージサービス
    • 38 Cloud Storageを使う流れ ~ストレージを使うまで
    • 39 ストレージクラス ~用途に応じて選べるストレージ
    • 40 オブジェクトとバケット ~ファイルと保存する入れ物
    • 41 アクセス制限 ~データの機密性を守るしくみ
    • 42 オブジェクトのアップロードとダウンロード ~さまざまなアップロード方法を提供
    • 43 バージョニングとライフサイクル管理 ~オブジェクトの履歴を管理する方法
  • 第7章 コンテナとサーバーレスのサービス
    • 44 コンテナとは ~アプリケーション単位で仮想化する技術
    • 45 Kubernetes(K8s) ~コンテナを管理するツール
    • 46 Google Kubernetes Engine(GKE) ~Google Cloudで使えるKubernetes
    • 47 GKEのアーキテクチャ ~コンテナを管理するしくみ
    • 48 GKE/K8sを使うメリット ~GKEとCompute Engineの比較
    • 49 GKEを使用する流れ ~GKEでコンテナを動かすまで
    • 50 サーバーレスサービス ~サーバーを意識する必要がないしくみ
    • 51 App Engine ~Webアプリケーション開発のサービス
    • 52 Cloud Functions ~関数を実行できるサーバーレスサービス
    • 53 Cloud Run ~コンテナを動かせるサーバーレスサービス
    • 54 Cloud Build ~テストやビルドを自動化
  • 第8章 データベースサービス
    • 55 データベースとは ~整理されたデータの集合体
    • 56 Google Cloudのデータベースサービス ~用途別に提供されているデータベース
    • 57 Cloud SQL ~RDBサービス
    • 58 NoSQLデータベース ~大規模データを処理できるデータベース
    • 59 そのほかのデータベース ~インメモリ型などのデータベース
  • 第9章 データ分析のサービス
    • 60 データ分析とは ~データ分析が注目を浴びる理由
    • 61 Google Cloudのデータ分析サービス ~さまざまなデータ分析サービスを提供
    • 62 BigQuery ~代表的なデータ分析サービス
    • 63 BigQueryを使用する流れ ~データ分析をするまで
    • 64 BigQueryのベストプラクティス ~BigQueryのコストを抑制する方法
    • 65 BIツール ~データを可視化できるサービス
  • 第10章 そのほかに知っておきたいGoogle Cloudのサービス
    • 66 Anthos ~オンプレミスとクラウドで一貫した開発と運用
    • 67 Google CloudのAI・機械学習関連サービス ~かんたんに機械学習できる
    • 68 Operations suite ~監視・運用ツール

引用:Google Cloudのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書 (図解即戦力)

———————————————-

上記のように、2021年9月時点でのGoogle Cloud の主要なサービスが網羅されています。

本書の全体像

本書の冒頭では、「そもそもクラウドとは何ぞや?」という部分からスタートしています。

私は正直本書を読むまでクラウドって結局何ができるんや?という部分を理解できていませんでしたが、その部分がクリアになりました。

実際Google Cloud AWSAzure 以外にもクラウドサービスは 沢山 あります。

その中で、なぜGoogle Cloud を選ぶのか、本書を読むことで理解できるはずです。(逆になぜ選ばないか。もわかるでしょう。)

私は、会社でGoogle Cloud を使うわけではないのですが、会社で使うなら、経済的にメリットがあるかの判断も必要になりますし、セキュリティの部分も見逃せません。(私は会社で使う未来はないので、軽めに読み飛ばしてしまいました。)

個人でサービスを運営する場合は、第7章や第8章の部分が非常に参考になると思います。

GAEでメインのアプリを稼働させ、クラウドストレージやCloud SQLなどと連携してデータをプールしつつ、BigQueryやBIツールで分析するというのが基本線になりそうです。(どれくらいお金がかかるかによりますが…)

気になったコンテンツ

次は本書を読んでいて気になって点を紹介していきます。

かなり個人的な思想が入っていますが、Google Cloud の特徴をとらえていると思いますので、引き続き読んでいってください。

webブラウザがあれば完結する

Google Cloud ではサービスをデプロイしたり、他のサービスを起動したり編集したりするコンソールのことをCloud Shell と言います。

通常のクラウドサービスではそういったコンソール画面ではあまり編集しないのではと思うのですが、Google Cloud ではやろうと思えば Cloud Shell でアプリを全て編集することが可能です。

私が以前クラウドにサービスを公開しようと思った際に、困っているのはいちいちデプロイに時間が掛かってしまったり、デプロイしたものを編集するのが難しい…と思っていました。

Google Cloud であればローカルで書いたものを、アップするのはもちろんですが、ソースコードだけコピペしてもデプロイが出来てしまいます。(ふつうはそんなことしないと思いますが…)

Cloud Shell のエディタ画面。よくあるコードエディタのような操作感です。

アプリデプロイが超簡単

先ほど書いたように、私がクラウドサービスに億劫になっていた理由の1つが「バージョン管理」です。

私のような個人の素人が何かアプリを公開したとしても、クオリティが高いわけではないので、動かしてもちょっと変わった動作が入れば

頻繁に改修を行いたい気持ちがあります。

ローカルであれば、エラーに対してすぐ対処法をしたりすることもできますが、アップしてしまうと難しいだろうな…と思っていました。

Google Cloud では、そういった点で非常にやり易い機能が備わっています。

下記の画像のように、Google Cloud ではクリック1つでバージョン管理が実施できます。

バージョンアップして、間違えた!となった場合は、前のバージョンを選択してもとに戻すこともできますし、複数バージョンでトラフィックを分散させることもできます。

(AB分析のようなイメージ)

※ アプリは非公開になってます※

アプリケーションをデプロイするときも、Cloud Shell であれば コマンド1つで出来てしまいます。

構成ファイルが配置されている場所から、下記のコマンドを実行します。

gcloud app deploy

まとめ

以上、「Google Cloudのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書」を読んだのでその感想などを書いていきました。

私のようなクラウドのド素人が、入門するのにピッタリの内容となっているので、ぜひ購入してみてください。