なぜ理系学生がFPを取ったのか?理系こそマネーリテラシー

なぜ理系学生がFPを取ったのか?
なぜ理系学生がFPを取ったのか?
資格・自己投資

こんにちは

悟です。(@rxf7oqjSU4v473O

実は私、理系なのですがFP2級を持っていまして今回はそのFPを取るに至った理由についてご説明します。

経済学を勉強したい

一つ目の理由は、私が単純に経済学とか社会問題とかについて興味があったからです。

今読んでいる本の多くは経済学とか社会問題に関する本が多く、大学入学以来読み続けているとそれなりの知識は身についてきたように思います。

自分の専門が何であれ、政治や社会、経済は自分に大いに関係がある分野ですし、何事も1本に特化して活躍することは難しいと考えてきました。

1つの専門だけでは自分の視野も狭くなってしまうし、日常の気分転換も兼ねてこれまで勉強を行ってきました。

余談ですが、農学部でなければ、経済学部に入りたいと思っていました。 

それくらい経済学に興味があったということです。

偏りのない確かな知識が手に入る

先ほどまでの理由だと、資格を取る理由にはなっていませんでしたね。

別に、資格を取らなくても経済学や社会学の知識を身に着けることは可能ですし、多くの専門家はFPを持っていないと思います。

しかし、一般人の私にとっては、そのような専門的な知識を得たり、それをもとに自分で考察したりする時間はありませんし、なによりそれで生活を送るわけではないので、うまみがありません。

更に、経済とか社会を勉強しようと思って、教科書やビジネス書などを読んでいたわけですが、やはり1冊の本だと内容に偏りが出てきてしまいます

特にビジネス書であれば、筆者の考え方や1つの社会問題や政策に焦点が置かれて、その周辺の知識を得るのは難しいです。

その点、資格であればある程度の公平性を確保できますし、よりダイレクトに自分に恩恵のある形で知識を取得できます。(その分、試験勉強はおもしろくないですが)

自分の生活にも役立つ

偏りのない普遍的な知識は応用が可能です。

誰かから聞いたやり方や、ネットで検索して発見したものは、その話し手や書いた人の想定した場面でしか役に立ちません。

ブログのデザインを例に言うと、少し調べればコピペ可能な機能が沢山ありますが、HTMLやCSSなどの知識が全くない人は、少しでも状況が違う場面に遭遇すると利用できなかったり不具合が生じてしまいます。

これは前提となる知識が足りないことが原因です。

また資格を取ったからと言って、すぐに利用できるとは限りません。

情報セキュリティマネジメント試験やTOEIC、弁護士資格 など様々な資格がありますが、どんな資格でも取っただけでは仕事で活躍することはできません。

資格は取ってからがスタートだからです。

ですが、スタートラインに最短距離で到達するには資格は有効な手段になります。

資格を取っただけでは生活に役立てることはできないけど、実際に使うには資格があった方が良いのです。

自分の身は自分で守るしかない

一昔前ならば、エンジニアと呼ばれるような人は企業に入ってそこで定年まで働く。その後は退職金や年金で余生を過ごす。

このようなロールモデルがありました。

しかし、現代は技術の進歩も著しく、企業の体制も個人の働き方も多様化しており、どんな企業でもこの先何十年と生き残っていける保証はありません。

それに、企業が生き残る以前に、自分はその企業で生き残れるのか?という疑問も出てきます。

その為、1つの企業の、退職金と年金をアテにすることは難しいと思っています。

だったら自分で年金を作るしかないんじゃない?と思い、お金に関する総合的な資格であるFPを取りました。

まとめ

理系=技術のイメージがありますよね。

技術があるから、雇ってもらえて、お金がもらえるんですよね。

技術も1つの資産です。

それに加えて、お金をマネジメントできれば鬼に金棒までは言わなくても、スキルが2つあることになります。

もし、自分の持っている技術が廃れてしまって、企業から必要とされなくなったとしても、これまで稼いだお金をしっかりマネジメントし、投資や貯蓄ができていれば、また自分で学び直すことができます。

技術があってお金をマネジメントできれば生活も非常に安定させることができるだろうと思いました。

実際に、私はFPを取ってから行ったことを記載しておきます。

FPを取ってから行ったこと
  • 投資信託の積み立て投資を開始
  • つみたてNISAの開始
  • ブログの解説

資格取得と直接関係があるわけではありませんが、資格を取得してからお金に対する意識が目に見えて変化しました。

お金は一生かかわってくるものなので、確かな知識を身に着けて、自分の考えで選択できるようになるべきです。